手遅れになる前に二人目不妊の不妊治療を

二人目不妊になっている人の中には、問題なく妊娠できると過信している人がいます。
一人目を出産できたからです。
しかし、二人目不妊になってしまうと、なかなか難しい問題に直面していることもあります。

二人目不妊になる理由

二人目不妊 理由 不妊

二人目不妊とは

不妊とは、夫婦生活を1年以上持っても妊娠できない状態です。
二人目不妊の場合は、一人目の赤ちゃんの授乳の時期が終わってから1年となります。
出産後の授乳の時期は、母体が妊娠しないようにしているからです。
一人目を自然妊娠できたという理由で、二人目もすぐできると楽観的になっている人もいます。
ストレスになるほど考え込むことはありませんが、状況が変わっているだけに、一人目の子を妊娠した時の同じように考えないほうがいいでしょう。

二人目不妊の原因

二人目不妊 原因 要因

二人目不妊になってしまう場合は、さまざまな原因が考えられます。
年齢については、一人目の妊娠時よりも3歳程度は歳を取っているはずです。
よく知られているように、男女どちらも、年齢が上がれば上がるほど妊娠はしにくくなります。
長引けば長引いただけ、妊娠は難しくなっていくということは忘れてはいけません。

女性は出産を経験すると、次の妊娠に影響することもあります。
それ以外にも、出産後に感染症になったり、受精を妨げるようなこともあります。

育児についても、手のかかる子の面倒を見ながら二人目不妊にとりかかるのは、相当の労力を必要とします。
性交渉を持つことも難しいような生活になっているというカップルもいます。
周りの人の力を借りながら、こういった問題を解決していく必要があります。

手遅れになる前に検査を受けましょう

二人目不妊 検査 病院

妊娠にはリミットがある

よく知られたことですが、女性が妊娠できる年齢にはリミットがあります。
35歳を過ぎての妊娠・出産は高齢出産といわれます。
妊娠でたどり着ける確率も確実に低下していくので、その点は意識しておく必要があります。
有名人などの超高齢出産が取り上げられることがあります。
しかし、そういったケースは特殊で、多くの人が流産をしてしまっているのが現実です。
メディアなどでは、うまくいったケースしか取り上げないので、あまり安易に考えてしまうのはよくありません。

病院では専門の検査ができます

二人目不妊 専門 検査

不妊治療の検査では、いろいろなことがわかります。
妊娠できる期間に限りがありますので、可能であれば早めに専門家に相談してみるのが良いです。
自分でも思ってなかった不妊の原因が見つかる可能性があります。
一人目がうまくいったからと過信せずに、早めに対応して後悔のないようにしましょう。

まとめ

環境の変化や身体的な変化によって、二人目不妊になることがあります。
一人目が自然妊娠でうまくいったとしても、二人目不妊になってしまう人はいます。
妊娠できる期間にはリミットがあります。
早めに専門家に相談して、手遅れになって後悔しないようにしましょう。

この記事を読んだ人におすすめ
おすすめ記事をもっと見る