原因不明不妊って・・原因が分からないのにどうしたらいいの?

カップルによっては、不妊検査を受けたにも関わらず不妊の原因が分からないこともあります。
この記事では、原因不明不妊とはどういうことなのか?原因が分からないなかでどのように検査、治療と向き合っていくのかについてまとめました。

原因不明不妊とは?

なぜ 女性

不妊治療中のカップルのうち、不妊の原因が特定できてない人たちの割合は10〜20%もいます。
基本的な不妊検査を終えたにも関わらず、不妊の原因が特定できていない状況を原因不明不妊といいます。

なんで不妊の原因が分からないの?

なぜ

命の誕生は非常に神秘的なプロセスとなっており、体内の様々な臓器やホルモンが複雑な役割をしっかり果たして初めて成立します。
現代医療も一昔前と比べるとずいぶん進歩しましたが、最新の不妊検査をもってしても分からないことがまだまだ沢山残されているのです。

原因不明不妊の背後にある、隠れた不妊の原因として推測されるのは以下のような病状です。

・卵管のピックアップ障害
・軽度子宮内膜症
・軽度腹腔内癒着
・精子機能障害
・卵子の質が悪い
・受精障害
・内分泌異常
・免疫異常

不妊の原因が分からない場合どうしたらいいの?

なぜ

不妊の原因が分からない場合、どうにかして不妊の原因と追及する方法と不妊の原因追及は諦めて不妊治療をレベルを段階的にステップアップさせていく方法があります。

不妊の原因を追及する方法

お腹の中に小さな穴を開けて、その穴から腹腔鏡を入れる腹腔鏡検査をすることによって、基本検査では分からなかった癒着や子宮内膜症が見つかることもあります。


原因不明不妊とされていた人の約半数は、腹腔鏡検査を行うことで原因を特定できる傾向にあります。
ただし、残りの約半分は腹腔鏡検査を行ったにも関わらず原因が特定できないことを意味します。
腹腔鏡検査を行うには全身麻酔が必要となることから、最近では原因を特定することを諦め体外受精を選択するカップルが増えています。

原因追及を諦めてステップアップ治療を試みる方法

原因が特定できていないカップルの不妊治療は、以下のような流れで徐々に治療のレベルをステップアップさせていきます。

タイミング指導

医師の助言を仰ぎながら排卵日を特定し、妊娠の可能性が高い日にセックスできるようタイミングをはかる治療法です。

人工授精

こちらも医師の助言を仰ぎながら排卵日を特定した上で、男性から採取した精子を女性の子宮に人工的に注入し妊娠を試みます。

体外受精

体外受精では、女性の体から卵子を取り出します。
男性からも精子を採取しておき、体の外で卵子と精子を受精させてできた受精卵を、女性の子宮に戻すことによって妊娠につなげる方法です。

まとめ

ご紹介しました通り、不妊治療に受けている人のおよそ10〜20%の人は、不妊の原因が特定できていません。
不妊の原因が特定できないということは、裏を返すと妊娠の可能性が残されているとも言えます。
原因も分からないと非常に不安になると思いますが、パートナーと力をあわせて前向きに不妊治療と向き合えるよう心掛けましょう。

この記事を読んだ人におすすめ
おすすめ記事をもっと見る