クロミッドという薬の効果は?

不妊治療に取り組む時によく出てくるクロミッドという薬があります。
クロミッドは、どのようなメカニズムではたらき、女性の体に効果があるのか詳しく見ていきましょう。

クロミッドについて

クロミッド 薬

クロミッドとは

クロミッドは、排卵誘発剤という薬の一種です。
数日続けて錠剤を飲んで、服用します。
排卵誘発剤は、名前の通り排卵を誘発するために卵巣を刺激する薬です。
不妊治療を受けている人だけでなく、妊娠の成功率を上げるためにも使われます。
クロミッドは体への負担が少ないので、よく病院で処方される薬となっています。
最も一般的な、排卵誘発剤といえるものです。

似ている薬

クロミッド 似ている薬

クロミッドに似ている排卵誘発剤には、セロフェン、フェミロン、クロミフェンと呼ばれるものもあります。
どの種類も主成分は、同じクロミフェンで効果もほとんど同じです。
作っている会社によって、商品名が違います。
成分も少しだけ違いますが、どの薬が優れているということはありません。
クロミッドを使っても効果があまり出ない場合に、フェミロンに変えてみると効果が出ることなどがあります。
ほとんど同じですが、相性があるのです。

クロミッドはどのようにはたらくか

クロミッド どのように

クロミッドの効果

クロミッドは、排卵の障害、生理不順、無月経などを改善する効果があります。
クロミッドの効果によって、ホルモンの分泌を促します。
ホルモンが分泌されると、卵巣が刺激されて卵胞が育ちます。
こうして成熟した卵胞は、排卵を促進するのです。
クロミッドを使えば、生理がこないようなケースでも、排卵をさせることができます。
通常では、一つしか排卵されない卵子が複数個排卵されることもあります。
卵胞がしっかりと成熟すると、卵子の質が良くなるという効果もあります。

クロミッドがはたらくメカニズム

クロミッド メカニズム

クロミッドがはたらくメカニズムを詳細に見ていきましょう。
クロミッドの成分は腸から吸収されます。
そして、脳の視床下部を刺激します。
刺激された視床下部は、卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンという2つのホルモンを分泌します。
この2つのホルモンは、妊娠におけるとても重要な役割を果たします。
もともと女性の体で起こることを、薬の力を借りて行っています。
卵胞刺激ホルモンは、卵巣にはたらきかけて、卵胞を育てます。
黄体化ホルモンは、成熟した卵胞に排卵を促します。
ホルモンが作用していって、排卵を起こしているのです。
それ以外にも、妊娠に適した体にするために、ホルモンのはたらきが欠かせないです。

まとめ

クロミッドは、とても一般的な排卵誘発剤の一種です。
女性の体に作用して、ホルモンの効果を強めて、排卵を促進します。
ホルモンは妊娠において、かなり重要な役割を果たすため、さまざまな効果を期待できます。
クロミッドを使うことによって、排卵障害や生理不順を解消し、妊娠しやすい体にしていきます。

この記事を読んだ人におすすめ
おすすめ記事をもっと見る