Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/fich/fuel_funin/app/classes/controller/article.php on line 357

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/fich/fuel_funin/app/classes/controller/article.php on line 397
子宮頸がんを予防しましょう

子宮頸がんを予防しましょう

子宮頸がんは、PHVというウイルスによって引き起こされる感染症です。
最近では、子宮頸がんの予防接種が注目されています。
どのように子宮頸がんを予防していけばいいのか、詳しく見ていきましょう。

子宮頸がんについて

HPV 子宮頸がん ウィルス

子宮頸がんとは

婦人科領域のがんでは、乳がんの次に患者数の多いがんです。
患者は、20代、30代の女性が中心となっています。
子宮の入り口にあたる部分を、子宮頸部といいます。
この子宮頸部にできるがんなので、子宮頸がんというのです。
子宮頸がんは、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスへの感染により引き起こされる、感染症です。

子宮頸がんと妊娠

妊娠の初期には、子宮頸がんの検査を行います。
そのため、子宮頸がんの2.7〜3.5%は妊娠中に見つかっています。
がんが進行している場合は、妊娠の継続ができない可能性があります。

女性 子宮頸がん 不妊

感染経路

HPVは、セックスで感染するウイルスの一種です。
患者の90%以上からHPVが検出されるほど、子宮頸がんに深く関係しています。
子宮頸がんはウイルスで感染するため、がんといっても感染症なのです。

子宮頸がんの予防

子宮頸がん 予防 注射

予防接種

最近では、子宮頸がんの予防接種が話題になっています。
HPVは、セックスによって感染します。
そのため、セックスをするようになる年齢より前に、予防接種を受けるのが有効です。
多くの自治体では、中学1年生から高校1年生の4学年を対象にして、助成が行われています。
自治体によって助成の内容は違いますが、無料で受けられるところもあります。

副作用については、心配する人もいます。
しかし、統計データにおいては、注射した部分が腫れたり、痛んだりする程度です。
ほとんどが、筋肉注射にみられる局所症状となっています。

予防接種の種類

予防接種は、外国メーカーが供給する2種類があります。

メルク社のガーダシル

1回目の接種のあと、2ヶ月後と6ヶ月後で合計3回接種します。

グラクソ・スミスクライン社のサーバリックス

1回目の接種のあと、1ヶ月後と6ヶ月後で合計3回接種します。

子宮がん検診

医師 検査 子宮頸がん

予防接種と子宮がん検診

予防接種を受けた人の中には、子宮がん検診を受けなくてもいいと思ってしまう人がいます。
しかし、子宮がん検診は受ける必要があります。
その理由は、HPVの型にあります。
予防接種で効果のある型は、全てではなく、一部だけだからです。

HPVの型

HPVにはいくつもの型があります。
予防接種では、16型と18型という2つにしか効果がありません。
この2つの型でがんになる人は、全体の7割り程度です。
残り3割の人は、マイナーな型でがんになります。
ただし、ガーダシルの予防接種を受けた場合は、6型と11型にも効果があります。

つまり、予防接種を受けたとしても、子宮がん検診は受ける必要があります。

子宮頸がんと不妊

男女 子宮頸がん 恐怖

子宮頸がんの治療で不妊になる

子宮頸がんと不妊には、大きな関わりがあります。
それは、初期の子宮頸がんの治療をした人は、不妊になってしまうことが多いからです。
子宮頸がんの治療を受けると、子どもができにくくなってしまうのです。

子どもができにくくなる理由

精子は、子宮頚管粘液が出るので、泳いで卵子を目指すことができます。
しかし、子宮頸がんの治療で、子宮頚管粘液を出す部分を切除してしまうと、粘液が少なくなってしまいます。
泳ぐことのできない精子が死んでしまうので、卵子にたどり着けず、不妊になってしまいます。

まとめ

子宮頸がんは、予防接種を受けることで対策ができます。
原因となるPHVには型があり、予防接種で全てに効果があるわけではありません。
そのため、予防接種を受けた場合でも、がんの検診は必要です。
初期の子宮頸がんの手術を受けている人は、不妊になりやすいです。
手術を受けている人は、医師に相談して、不妊治療に取り組むことを検討してはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人におすすめ
おすすめ記事をもっと見る