Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/fich/fuel_funin/app/classes/controller/article.php on line 357

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/fich/fuel_funin/app/classes/controller/article.php on line 397
子宮腺筋症の手術にかかる費用は?

子宮腺筋症の手術にかかる費用は?

子宮内膜の異常で引き起こされる子宮腺筋症という病気があります。
不妊にもなる子宮腺筋症の治療にかかる費用はどの程度なのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

子宮腺筋症と子宮内膜症について

子宮腺筋症 説明 痛み

子宮腺筋症とは

子宮には、子宮内膜といわれる膜が周期的につくられます。
子宮内膜が厚くつくられることによって、受精卵が着床しやすくなります。
妊娠のシステムにとって、子宮内膜はとても重要な役割をします。
子宮腺筋症という病気では、子宮内膜が子宮の筋肉層につくられてしまいます。
原因はくわしくわかっていません。
異常な場所にできた子宮内膜は、とても激しい痛みを伴います。
妊娠において、子宮腺筋症はとても影響があります。
妊娠しにくく、流産の危険も高まります。
不妊治療に取り組む人を悩ませる、とても大きな問題となってしまいます。

子宮腺筋症 症状

子宮内膜症とは

子宮腺筋症にとてもよく似ている病気があります。
それは、子宮内膜症です。
過去には、子宮腺筋症は、内性子宮内膜症といわれていました。
子宮内膜症は、卵巣などに子宮内膜ができてしまう病気です。
子宮以外でつくられた内膜は、生理の時同様に剥がれ落ちます。
しかし、排出される場所がないため、固まって他の臓器とくっついてしまったりします。
さまざまな弊害を起こすため、早めの治療が大切です。

子宮腺筋症の兆候

子宮腺筋症 兆候

生理痛

子宮腺筋症の代表的な症状には、生理痛があります。
妊娠を経験する前まではなかった生理痛が、ある月から始まった場合などは子宮腺筋症を疑うこともあります。
人によって痛みの具合はさまざまですが、凄まじい痛みを感じる人もいます。
病巣の大きさと痛みの強さは関係がないようです。
病巣が小さくてとても痛む症状の人もいれば、広範囲に渡っていてもあまり痛みがない人もいます。
生理痛に伴って、肛門痛や大腿部の痛みなどがある場合、重症化していることが考えられます。

子宮腺筋症 激しい痛み

過多月経

生理時に出血がとても多い症状を過多月経といいます。
子宮腺筋症の場合、貧血を起こしてしまうほど多量の出血をして過多月経となることもあります。

子宮腺筋症の治療と費用

子宮腺筋症 費用

手術療法

子宮腺筋症を完全に取り除くのに適した方法は、手術によって子宮を摘出することです。
子宮の全摘出をしてしまえば、病巣がなくなるので病気を治すことができます。
しかし、妊娠を望むのであれば、子宮を全部摘出することは難しいです。
そういった場合、病巣の部分だけを摘出するということが行われます。
一部を残す場合、運悪く病巣を残してしまい、完治しないこともあります。

子宮摘出手術の費用

子宮の一部を部分的に摘出する手術の費用は、20万円程度かかります。
子宮を全摘出する手術の費用は、20〜25万円程度となっています。
手術となるとそれなりのまとまったお金が必要となります。

子宮腺筋症 お金

薬物療法

薬物療法は、症状を和らげるために行います。
閉経後の状態にすることによって、生理痛を緩和させます。
薬をやめれば、体の状態はもとに戻ってしまいます。
つまり、完治を望むことはできないといえます。

薬物療法の費用

ピルの服用の場合、月に3000円程度となります。
ホルモン剤を使う場合は、月に1万円程度です。
使う期間によって薬物療法にかかる費用は変わってきます。

まとめ

子宮腺筋症は、とてもつらい生理痛や過多月経を伴う病気です。
不妊の原因ともなる病気ですので、妊娠を望む人にとっては大きな問題です。
治療は、手術と薬で行う方法があります。
手術の費用が20万円前後です。
薬にかかる費用は、高くても月1万円程度となっています。

この記事を読んだ人におすすめ
おすすめ記事をもっと見る