Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/fich/fuel_funin/app/classes/controller/article.php on line 357

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/fich/fuel_funin/app/classes/controller/article.php on line 397
クラミジアの治療はカップル揃ってできるだけ早めに受けましょう

クラミジアの治療はカップル揃ってできるだけ早めに受けましょう

クラミジアは非常に多くの不妊の原因です。
日本人女性の10人に1人がクラミジアに感染しているといわれています。
感染経路を完全に断つために、重要になるのが男女一緒に治療を受けることです。

クラミジアだと不妊になる

クラミジアって何?

クラミジアは日本人女性の中で感染が広がっている感染症です。
およそ10人に1人が感染しているといわれています。
この数字はかなり身近に潜んでいることを意味しています。
一日に合う人の中には必ず数人はいる計算になるのではないでしょうか。

クラミジアの感染経路

クラミジアに感染している人とセックスをすると感染します。
セックスと言うのはオーラルセックスも含んでいるため、ディープキスなどでも感染してしまう場合もあります。
感染者について完全には特定できないですが、感染率は50〜80%とされています。
クラミジアに感染した人と2回以上セックスをすると、まず間違いなくクラミジアに感染してしまいます。
たくさんの人が感染している上に、感染する確率が非常に高いです。

クラミジアに感染した時の症状

男性は尿道から膿が出たり、痛みを感じることがあります。
女性は感染しただけでは特にこれといった症状はありません。
男性で50%、女性で80%がクラミジアに感染したことに気付いていないといわれています。

過去にセックスした相手が感染していても気付いていないことがほとんどです。
想像するだけでも、とても怖いことです。
感染が広がっている理由は、感染者が気付いていないという理由がとても大きいようです。

クラミジアと不妊の関係

クラミジアが子宮の奥まで感染すると、卵管が詰まってしまうということが起きます。
卵管が詰まってしまうので、精子と卵子が出会うことができなくなってしいます。
精子が卵子にたどり着けないので、妊娠できないのも当然です。
また、妊娠したとしても、早産や流産の可能性が高まります。
不妊治療を続けてやっと授かった子を流産してしまうのは、とてもつらいことです。

治療について

早めの治療が必要

クラミジアの悪影響をできるだけ抑えるためにも早めの治療が必要となります。
病院に行けば検査を受けられますので、感染の疑いがある人は受けてみるのもいいでしょう。
感染が広がっているということもあるので、可能であれば定期的な検査をしておくのがとても良い対策だといえます。

クラミジアの治療法

治療には、抗生剤を使います。
治療自体は、そこまで難しいものではありません。
しかし、女性だけがクラミジアを完治してもパートナーが感染していては意味がありません。
セックスをすれば、すぐに再発してしまうからです。
そのため、治療を進める際は、パートナーを含めて2人で行うことがとても重要となります。
あまり良く思わない男性もいるかもしれませんが、不妊の治療には欠かせないものとなります。
感染している場合は、ぜひパートナーと手を取り合って2人で完治をしましょう。

この記事を読んだ人におすすめ
おすすめ記事をもっと見る