Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/fich/fuel_funin/app/classes/controller/article.php on line 357

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/fich/fuel_funin/app/classes/controller/article.php on line 397
妊娠初期のどのような腹痛だと危険?

妊娠初期のどのような腹痛だと危険?

妊娠初期に腹痛があると流産になってしまうのでしょうか。
待ち望んだ妊娠で腹痛があると不安になってしまうものです。
腹痛から考えられることをみていきましょう。

妊娠初期の腹痛について

妊娠初期 腹痛 兆候

妊娠の兆候

妊娠初期には、さまざまな理由によって腹痛が起こることはよくあります。
妊娠の兆候としても腹痛があります。
妊娠の後に腹痛があると流産の可能性があるので、心配になってしまいます。
妊娠初期の腹痛には、原因として多くの可能性が考えられます。

生理の腹痛との違い

生理においても腹痛があるため、妊娠初期の腹痛と生理時の腹痛は区別がしにくいです。
しかし、メカニズムにおいては、まったく異なります。
生理での腹痛は、着床のために子宮内に張られた子宮内膜を排出するために起こります。
妊娠初期の腹痛は、多くの場合において子どもが大きくなっていくにあたっての準備で起こるのです。
化学流産という妊娠の初期に起こる流産の場合はどちらの腹痛の症状も起こることがあり得ます。
一度妊娠は成立してもすぐに流産になってしまうため、妊娠初期の腹痛と生理の腹痛がある可能性があるのです。
化学流産では、女性自身が気付かずに、ただの生理だと思っていることもあります。

妊娠初期の腹痛における原因

妊娠初期 腹痛 原因

着床痛

厳密にいうと、着床痛は妊娠の直前にある腹痛です。
着床痛とは、受精卵が子宮にたどり着いた後で、着床をする時に痛みがあることをいいます。
受精卵は、子宮壁に根を下ろす時に子宮壁を溶かそうとして、腹痛が起きることがあるのです。

子宮の収縮・拡張

妊娠が成立すると、赤ちゃんが大きくなるのに合わせて子宮は大きくなる必要があります。
そのために、収縮と拡張をして大きくなっていくのです。
収縮や拡張をするときには、腹痛が起こることがあります。

便秘・下痢

子宮の収縮や拡張によって、腸が影響を受けることがあります。
腸が圧迫されて、便秘や下痢になるため腹痛になってしまうことがあります。

流産

流産のときにも腹痛が起こります。
妊娠中の腹痛としては、最も好ましくないのはこの腹痛です。

流産かもしれない危険な腹痛

妊娠初期 腹痛 心配

心配ない腹痛

腹痛があった時に、絶対に問題ないとはいいきれません。
しかし、そこまで心配する必要がない場合も多いです。
そういった妊娠初期の腹痛の特徴は下記のようなものです。

  • 下腹部が引っ張られるような痛みがある
  • 下腹部から腰にかけて痛みがある
  • 腹部全体に鈍い痛みがある
  • 子宮のあたりがチクチクする痛みがある

危険な腹痛

妊娠初期においては、流産の可能性は高いです。
そたため、腹痛があるととても心配になってしまうものです。
流産の可能性がある場合の特徴は下記のような腹痛です。
長い期間で強い痛みがあり、なかなか引いていかないようなら、軽視しないほうが良いといえます。

  • 下腹部が締め付けられるような痛みがある
  • ズキズキするような強い痛みがある
  • 痛みがだんだん増してきて治まらない

まとめ

妊娠初期の腹痛にはさまざまなことが考えられます。
生理の時の腹痛とは起こるメカニズムが違っています。
妊娠初期においては、流産の起こりやすい時期でもあるため、痛みが強かったり、長く続いて治まらないようなら、すぐにかかりつけの医師に相談しましょう。

カテゴリマップ