Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/fich/fuel_funin/app/classes/controller/article.php on line 357

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/fich/fuel_funin/app/classes/controller/article.php on line 397
40代での妊娠の確率はどのぐらい?

40代での妊娠の確率はどのぐらい?

社会の変化によって、晩婚化と出産の高齢化が起きています。
子どもをうもうと思ったときには40代ということもあります。
40代の妊娠の確率はどの程度なのでしょうか。

女性の妊娠する力

妊娠 確率 妊孕力

加齢の影響

女性が妊娠する力のことを妊孕力といいます。
妊娠できる力があることを、妊孕力が高いなどと使います。
妊孕力は、女性の加齢によって徐々に下がっていきます。
つまり、年齢を重ねるほど、妊娠しにくくなるのです。

妊娠しにくい理由

妊娠 確率 ビックリ

なぜ妊孕力が落ちていくのかというと、卵子が高齢化するからです。
女性の卵子は生まれるときには持っているものです。
そのため、卵子の年齢と女性の年齢は同じなのです。
はじめから持っている卵子は、時がたつにつれて質が落ちてしまいます。
質が落ちると、妊娠が成立しにくくなり不妊になってしまうこともあります。
40代ともなると、相当な難易度となってしまいます。
不妊治療は必須というほどの状況に置かれているといえます。

妊娠の確率

妊娠 確率 理解

年齢で見る妊娠の確率

妊娠の確率の数値というのは、1回の性交での確率ではありません。
1回の排卵の周期において妊娠できる確率を表しています。
適切な生理周期がある人の場合、およそ1ヶ月程度の周期になっています。
その期間での確率が下記のデータとしてあるのです。

  • 30代前半まで:25〜30%
  • 35歳:18%
  • 40歳:5%
  • 45歳:1%

異常のない30代前半までの人

女性が30代前半までで特に異常がない場合、1年間妊娠に向けて取り組めば90%程度の確率で妊娠が可能とされています。
一回の周期においては30%程度ですが、一年間を通して続けていけば高い確率で妊娠が可能なのです。

40代の人

妊娠 確率 40代

一般的には、女性の年齢が30代後半を過ぎ37〜38歳ぐらいから妊娠の確率がかなり落ち込みます。
40代での妊娠となると、40歳で5%とかなり低いです。
さらに45歳だと1%となり、相当運が良くなければ成功しない確率となります。
40代で妊娠をするということは、至難の業だということを心得ておかなければいけません。

流産の確率

妊娠 確率 流産

年齢で見る流産の確率

  • 30代前半まで:10%程度
  • 35歳:25%
  • 40歳:40%
  • 45歳:50%

30代前半までの流産

妊娠の確率と同様に、30代前半までは、流産は起きにくい結果となっています。
しかし、10%程度は流産になってしまいます。
この確率は、一定の確率で起きてしまう染色体の異常による影響です。
どんなに健康で問題のない適齢期のカップルにおいても、染色体の異常は起きてしまうのです。

40代における流産

40歳になる頃の流産の確率は、40%まで上がってしまいます。
これは、高齢化の影響で卵子が劣化するために、染色体の異常が起こりやすくなるからです。

妊娠 確率 悲しみ

まとめ

女性の妊孕力は、高齢化で下がることはよく知られたことです。
40代での確率をみる場合、相当厳しいということを認識しておく必要があります。
妊娠はしにくくなり、さらに流産は起こりやすくなることがわかっているからです。
妊娠は加齢の影響が確実に出てしまいます。
悩んでいる時間ももったいないので、妊娠を望むのであれば専門の医師に相談するようにしましょう。

カテゴリマップ