Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/fich/fuel_funin/app/classes/controller/article.php on line 357

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/fich/fuel_funin/app/classes/controller/article.php on line 397
妊活とはどのよう進めるもの?

妊活とはどのよう進めるもの?

子どもがほしいと思っている人が取り組むのが妊活です。
具体的にはどのようなことをするのかを詳しく見ていきましょう。

妊活とは

妊活 おすすめ 考える

妊活が必要な理由

近年では、女性が高齢での結婚・妊娠が社会的に多くなってきています。
女性の妊娠できる期間には、限りがあるため妊娠することついて意識する人が増えているのです。
そのため、テレビなどのメディアでも妊娠するための活動を妊活として取り上げる機会をよく目にするようになりました。
子どもをすぐに生みたい人も、将来的に生みたい人も限られた時間の中で妊娠・出産をするために、妊活がとても重要なのです。

妊活のリミット

妊活 おすすめ リミット

妊活は、妊娠できる可能性を上げるために行います。
しかし、女性が妊娠できる期間にはリミットがあります。
高齢になって妊娠確率が下がる理由は卵子にあります。
女性は卵子を生まれたときから持っていて、女性の年齢とともに卵子も歳を重ねます。
年を経ると、卵子は次第に劣化していき、妊娠の確率を下げていくのです。
妊娠しやすい時期は、20歳〜37歳前後までとされています。
40代になると、確率は相当低くなってしまいます。
よく有名人が、超高齢で出産したニュースなどがあります。
そういったケースでは、卵子提供を受けていることが想定されます。
卵子さえ質が良ければ、妊娠することに関してはあまり問題がないことが多いのです。
自力での妊娠ができない状態になってしまった場合、医療のちからではどうすることもできません。
養子をもらうなどの別の選択肢を検討して、人生をどう過ごすかということを考える必要があります。

妊活の詳細

妊活 おすすめ 取り組み

正しい知識を身につける

妊娠がどのように起こるのかを正しく理解しする必要があります。
精子と卵子がどのように出会うのか、その後どうやって赤ちゃんは成長していくのかなど、知っておいたほうが効果的に妊娠が可能になります。
また、女性の体に向き合い、問題があればすぐに気付けることも重要です。
正しい状態がわからなければ、重い症状が出るまで気付くのが遅れてしまったり、防げるはずの流産が起こってしまったりします。

妊娠しやすい体をつくる

心も体も健やかになるような生活を心がける必要があります。
バランスの取れた食事を摂り、適度な運動をして、よく眠るといった基本を確実に行うことが重要です。
過度のストレスには注意しなければなりません。
ストレスは、ホルモンバランスに影響して、生理周期を乱すなどの問題を起こしてしまいます。
日頃から体が冷えないようにすることも心がけたほうが良いといえます。
体の冷えによって、妊娠の可能性が下がってしまうのです。

妊活 おすすめ 妊娠

自然妊娠を試みる

基礎体温の記録を付けて、排卵日の予測をしましょう。
排卵日が近くなったら、排卵検査薬を使うと、より確実な排卵を検知できます。
排卵日がわかった場合、数日前からが妊娠の可能性があることになります。
できるかぎり多くの性交をして、妊娠の確率を上げるようにしましょう。

不妊治療を行う

カップルが1年以上妊娠するために取り組んでも妊娠できない状態を、不妊といいます。
こうした場合、なにか妊娠できない原因が体内にある可能性があります。
自分での特定や対応は難しいため、早めに不妊治療を行うことが望ましいです。
また、既に女性が30代後半になっている場合などについても、残された時間が少ないため不妊治療を行ったほうが良いです。

まとめ

社会の変化によって妊娠や出産する年齢は高齢化しています。
これからは、ますます妊活の重要性が増してくることとなるでしょう。
すぐに妊娠を望まない場合であっても、適切な取り組みを行って備えておくようにしましょう。

カテゴリマップ